Tenman Bridge
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
左岸橋詰め広場。
 
   
  左岸上流橋詰めより親柱を望む。後方の緑は愛宕山。大淀川とともに気持ちのいい景観をつくる。  
   
  歩道空間。宮崎の強日差しの照り返しを考慮し、舗装の色調は落ち着いた天然石を使用している  
   
 
高覧笠木のナミナミは素材感を醸し出すと同時に、温度差を和らげ、汚れからも守る。

 
 
●宮崎県天満橋及び橋詰め広場:景観デザイン
事業主体:宮崎県宮崎土木事務所: