携行灯: 「蛍の光展」於PROJECT CANDY Showroom
日本の住空間から電球にとってかわり、情緒をなくしてしまったと言われてきた蛍光灯...
しかし、高効率、低発熱といったメリットを考えると今後もうまく使い続けていかなければならない光源である. 蛍の光の持つやさしさ、あたたかさをイメージしながら、情緒的であじのある "あかり" をあえて蛍光灯によって 表現してみた.
製作/ナグモデザイン事務所